たんたかたんの部屋

日蓮大聖人の本当の仏法を求めさ迷うダメ凡夫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

顕正会脱会(^O^)&念願の宗門帰依m(__)m

申し遅れました…

知ってる方は知ってると思いますが晴れて先月の1月10日に勧誡し御宗門に帰依致しました!

皆さんの後押しで一人お寺に行く勇気を頂き声をかけて頂いた御婦人に導かれ無事に戻って参りました…

…ってもう一ヶ月がたちましたが(笑)

この一ヶ月は宿命転換が目まぐるしく起き、不思議な御縁を頂いたり罪障が出てきて正法故に起こる罪障三昧の日々を唱題で乗り切っています(>_<)

本音は御本尊様…もう少しお手柔らかお願いしますって思いますが(笑)

ただ間違いなく良い方に導かれながら今までの悪行や前世での罪を矯正して頂いてることを実感します!

さて…

まだ教学浅い私ですが1月24日の登山の折に御書を購入し拝読させて頂いてますが…難しい(T_T)ってか読んでいてもわからない(o・ω・o)?

やはり機関紙や先輩方から優しく学びながら御書とてらし合わせ納得する事が一番の近道ですかね(^^ゞ

ここ何日間か彼女を折伏していますが顕正会員への折伏は大聖人様の御書を引用しても通じないですね(;_;)

浅井御書にやられてますから(笑)

顕正会が主張する『国立戒壇』

法華講の中では死語に近い位に忘れてると思いますが顕正会が主張する大聖人様の御遺命になってるのは『国立戒壇』です…

顕正会の破折で見事にツッコミいれているブロガーの方々のコメを引用し彼女にツッコミいれてますが…(T_T)

私が思うに国民がありがたい!って思い広宣流布して初めて時の猊下様が本門戒壇を建立されるのであって、顕正会の主張する『国立戒壇』は昨今までは平成25年までに1000万人の会員を作り10万人で国会に国教樹立を申し出て国立戒壇を建立…今では平成33までに300万人の会員を作り広宣流布…とか(笑)

めちゃくちゃ出鱈目ばっかですね(笑)

戒壇先に建立してどうしろっていうの(笑)
例え会員数1000万人になろうが学会でさえ800万人いてもそんなの無理だったし活動家は三万人~五万人で変わらないだろうし減る一方だっつ~の(笑)

順序は謗法の徒を折伏し大聖人様のお教えのままの仏法を広め信心に目覚めさせ時の猊下様が広宣流布と認め初めて本門戒壇を御建立されるのですよ!

そのために我々、強い信心に立ち唱題し折伏を行じる法華講員は御書を拝読し猊下様始め御僧侶や先輩方のお話を拝聴し教学を身につけ三証もって慈悲の心を忘れずに正しい仏法に導き広宣流布を目指しているのですよo(^-^)o

顕正会員の方々…

日蓮大聖人様の仰せのままの仏法を本当にわかってますか?浅井会長の抜粋御書講義は小出しにして延命とも言える自分に都合のよい御書だけを用いっているだけで顕正会に何年居たって御書の百分の一も学べないし本当の仏法には辿り着けないですよ!逆に遠ざかってしまいますよ!

他国侵逼で中国が攻めてくる?凡人のただの己儀で宗教上全く関係ありまへん(笑)軍事ジャーナリストにでもなれば(笑)

地震がくる?いつかはくるからいつかは予言はあたるでしょう(笑)ってか真言宗か(笑)

大飢饉?それもあるかもね(笑)ただ浅井会長が勝手に思ってるだけで全く関係ないから(笑)

諸天が日蓮大聖人様の仏法に背く日本に罰を与える?
『日蓮大聖人に背く日本は必ず滅ぶ。』の本あるけど必ず3年後…もとい12年後(笑)広宣流布するっていってるの誰だっけ(笑)
滅んだら広宣流布できないですよ(笑)矛盾極まりない(笑)

浅井会長を崇拝する気持ちであれば新興宗教の邪教で大聖人様を利用した霊友会や立正佼成会と同じです。
大聖人様を心から思うのであれば大聖人様の御書、歴代上人様の御指南を学ぶ心があるのではないでしょうか?

勤行の仕方も十二世日鎮上人様から続いておられると思われる五座三座の形式を勝手に浅井会長は一座の略式勤行に変えてるんですよ(笑)
顕正会ではお馴染みの日寛上人様は…
報福原式治状にて
『若し爾らずんば十如自我偈題目なりとも五座三座の格式相守るべし。』
と御指南遊ばされてます。
あとは不敬なので『にっかん上人』と言わないで下さいね…

『にちかん上人』ですから…
スポンサーサイト
  1. 2010/02/09(火) 22:26:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

御遺命守護の戦いぃ~?

今日は寺院には入ってませんが鎌倉~江ノ島とぶらり散歩して来ましたが正月の不摂生と暴飲暴食でお腹の具合がえらいこっちゃ!で何回トイレに駆け込んだことか…こうなりゃやけくそで極楽寺の山門に撒き散らし(略

法を下げちゃいますね…失礼しました!たんたかたんです!

こんばんは(゚▽゚)/


いきなり下品な話題で申し訳ないですがホントに昨日から酷いんですよ
これはわかっているのに早く宗門に戻らない罰なのか、はたまた顕正会活動をやめて批判しちゃんと五座三座のお勤めを始めた事によるプチ罪障消滅なのか?


胃腸薬飲んで今日はおとなしくしてます


教学には殆ど詳しくない私ですがこの一年間近く浅井会長の指導で御書講義を聞いていましたが何となく聞いた事のあるような御書の指導…

そうだ!法華講の皆さんのホムペ又はblogをロムらせて貰って記憶にあるんだ!(ロムって挨拶なしですみませんm(__)m)

あの会長、もったいつけて顕正会用の御書販売しないんですね(笑)
恐らく大聖人様の御書や歴代上人様のままの書物を出版すればツッコミ所満載で会員が疑問視して都合悪くなるからか?
もしくは小出しにして引っ張り作戦か?
いずれにせよ何も知らぬ会員は可哀相
私も顕正会永久会員137万の一人だから被害者137万の一人ですから

私は入会の時より疑問をもっていました。ただ少しでも正義があるのかと思ったのと生意気いえば顕正会が間違えてるのであれば内部から覆してやろうという野望もありました。慢心ですが…

今日は彼女と鎌倉~江ノ島を散歩してましたが仏法の話は一言もしませんでした。

彼女はメカ音痴であり純粋で一途なので(のろけか!)顕正会が正しいと盲信してしまってます。私の入会をきっかけに更に躍進してしまいました

私が中途半端な入会をしてしまったからですね

だから必ず大聖人様に御加護を頂ける様、早く宗門に戻って彼女を説得し顕正会から見た宗門と宗門から見た顕正会の違いを味わってみたいです。


追伸……


今日、実家が農家の彼女からお米三合のおすそ分けをもらいました




浅井会長駄作の『御遺命守護の戦い』が一緒に入ってた

がちょ~~ん
  1. 2010/01/04(月) 18:30:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

あけましておめでとう(v^-゚)

いよいよ新年が始まり十字御書を某blogの中で拝見し昨日は新しい年、新しい月、新しい春とすべてのスタートとして改めて顕正会からの脱出を肝に命じ宗門に戻りありがたい勤行、唱題と教学に勤めたいと思っております!

あまりにも更新していないのと駄文で目立たないblogですがご覧になられた方の今年のご健勝をお祈りします!
  1. 2010/01/02(土) 13:32:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

sayoさんへ…

暖かいコメありがとうございました
大聖人様を思う気持ち、そして御本尊様に思う気持ち、多分顕正会員でも同じ気持ちだと思います。根本的には…

ただ己議を構えた浅井会長の教えには納得してません。一言言える事は顕正会員であり学会員であり大聖人様を思う気持ちはあるわけで果たしてこれが知らぬ間に謗法を犯しているのか?毒鼓の縁で最終的には宗門に纏まるのか?
何故に分派してしまったのか?
それを慈悲の思いで門下で解決出来なかったのか…
考えれば考える程にこの仏法の難信難解さを噛み締めてます。
ただ大御本尊様がおられる大日蓮華山…富士大石寺が全てだと思っています。

しかし同じ門下の中でどうしてこのような分裂が起こってしまったのか…
なぜ同じ大聖人様を思う純粋な信者が巻き込まれていくのか…

学会は大組織になり今では大聖人様よりも池田会長を拝む団体に作り上げられ口舌の徒を拝む池田教になっておるのは疑いの余地がなく功徳がないのは確信しております。

顕正会は御遺命守護に専念し国立戒檀云々は置いといて信者が幸せになろうという淺井会長のアジ演説に乗せられ日曜勤行の後の御書講義などでは今日は参加しちゃいましたがもっともらしい口調で私もこの人はわかりやすい言葉で教えてくれる講義にフラッと顕正会は正しいのかなって思っちゃう位です。今日は東京会館にいってきましたが御本尊には手を合わせず大石寺の大御本尊様を目を閉じながら唱題申し上げて帰ってきました。

顕正会の方々は淺井会長を疑う事なく自分の幸せを見つめ淺井会長の元より号令があると必死に折伏行に励んだり健気な信徒達だと思ってます。

大聖人様の御書や歴代上人の御指南は淺井会長の都合のよい解釈で会員に話してます。また中興の二祖とも言われる日有上人の化儀抄などの講義もなく挙句には日寛上人の事を『にっかんしょうにん』とお呼びしてる始末…

さて…内得信仰気味に大石寺に向かい勤行、唱題申し上げてましたが心には宗門に帰依し功徳を積ませていただきたい。
早くホントの幸福と成仏に巡り合いたい。
  1. 2009/11/17(火) 21:42:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

参詣

土曜日は彼女に内緒で法道院と常在寺に参詣してきました。ホントは入ったらヤバいかなって思いましたが勇気を振り絞り階段を昇ろうとすると七五三なのか着物を着た可愛らしい女の子がお母さんと一緒に写真を撮ってました
時間のせいなのかはたまた会合なのか御本尊様まします堂内には人影も少なく顕正会の会館と比べてみるとちょっぴり寂しい静けさでした。ちょうど四年前位も参詣させて頂いたのですが変わらずその時と同じ様な静けさでした。
私の様な退転…とは自分では思ってないですが宗門との異流儀を唱える団体に所属してもやはり疑いのない御本尊様にお目通りできる事はとても幸せな事で理屈抜きに大聖人様が眼前にいらっしゃって下さると思えば感極まる寸前でした
  1. 2009/11/16(月) 19:49:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。